Category Archive: 花・植物

神戸花鳥園にまた行ってきた!

ふたたび神戸花鳥園に行ってきました。

続きを読む »

紫陽花、本番

梅雨入りしました。紫陽花の季節、本番ですね。

雨ばかりだと洗濯もしづらいし少し憂鬱にもなりますが、いろとりどりの紫陽花をあちこちで愛でることが出来るのは、せめてものよろこびです。

宇治 三室戸寺のあじさい

2010年6月5日(土)の三室戸寺。
天気は言うことなしだったのですが、あじさいはまだちょっとだけ早かったみたい。咲き始めの若い色が見られてそれはそれで良かったですが。

もうあじさいが咲いていた

家で仕事をしていてあまりにひきこもりなので、体力維持のために歩き始めました。だんなさんが出勤する時間に合わせて家を出て、一緒に電車に乗って適当に家から遠ざかり、家まで歩く。エア通勤と呼ぶことにしました。

外を歩いていると色々見つかるもので。あじさいがもう咲いているんですね。梅雨も近づいているのだなーと。自宅の鉢植えからはどうもカタツムリが生まれたようですし(涙目)。

すずらんに実がついていた!

花のシーズンが終わっても、いつまでも2つだけ花が落ちないすずらん。
不思議に思って覗き込んでみたらこんな大きな実がぷっくりと顔を出していました(すずらん自体が小さいので、大きいといっても知れているんですが…)。これなら花は落ちようがないなあ…と納得。
ぼうしみたいでかわいいです。

ネットで調べてみると、すずらんはかわいい赤い実がなるのですね(かわいいくせに猛毒)。熟してくるのが楽しみ。

lily bell(すずらん)

Suzuran

実家で株分けしてもらってきたスズラン(画像をクリックするとFlickrに遷移します)。
今年はこれが唯一の花芽です。

これが我が家の鉢植え第1号です。これまで不規則なひとり暮らしであまりきちんと植物を継続して育てたことがなかったので、きちんと世話できるか心配なのですが…
母曰く「もともと寒いところ(北海道)の花で強いから、本州だったら水をやっておくだけでも元気に育つ」とのことなので(本当?)、入門編としては良いのかしら…と思っています。来年に期待。

forget-me-not(わすれなぐさ)

ピンクの株と混ざり合って咲いていてきれい。ピンク色があるの実は初めて知りました…。

勿忘草自体ももちろんかわいいけど、これとよく似た花(でもすごく小さい)をつけるキュウリグサ(と、ハナイバナ)がもっと好きです。

» ワスレナグサ・キュウリグサ・ハナイバナ

よつばのクローバー、探しながら

散歩の途中、公園で見つけました。
シロツメクサの群生の中から四つ葉の葉っぱを見つけるのは得意です。たぶん。

今日見つけたのは葉っぱのバランスもとてもよくて、虫食いもなく、元気。天然もの(?)でここまで状態の良いものはめずらしいと思います(たいてい葉の大きさが疎らだったりする)。

四つ葉のクローバーを探すたびに、いまだにハチクロ(ハチミツとクローバー)を思い出したり、YUKIちゃんの「ドラマチック」を思い出します。
ハチクロの最終回では、はぐちゃんが四つ葉のクローバーとはちみつを挟んだサンドイッチを旅立つ竹本くんにプレゼント、というシーンがありますよね。あれっておいしいのかなぁ…どんな味がするんだろう。試してみようか…という気にはあんまりなれないですが。見た目はきっとかわいいでしょうね、と想像。

 

気の向くままに、京都 お花見散歩

フリーになってよかったと思える瞬間。

桜が咲いてきたようなので&天気も良いので、ふらりと阪急に乗って京都に写真を撮りに行ってきました。
午後〜夕方までの行動だったので祇園界隈をメインに。

枝垂の系統が花ざかりで、八坂や鴨川沿いで色々な種類を見ることができて楽しかったです。

青山フラワーマーケットで、気軽に花生活

この家に来てから、初めて花を飾りました。

お客さんがいらっしゃるというのと、そのおかげでやっと家が片付いて、花を飾れるような環境になったのと。
お花の組み合わせセンスにはさっぱり自信がないので得意の青山フラワーマーケットで小さなブーケを買って、
長さだけ花瓶に合わせて調節して、スポっと生けて、おしまいです。
(上の写真:リビングのローテーブル)

あるいは単品で。
オレンジ色の小ぶりなバラを小枝で切り分けて、小さな瓶3本(たしかプリンが入っていたもの)に分けて生けて、それとなく配置します。
(下の写真:玄関の下駄箱のところ)

冬なら日持ちもするし、数百円で1週間くらい楽しめるなら、そんなに無駄な感じもしないですし。
青山フラワーマーケットなら手頃な値段でかわいらしいものが手に入るので慣れていなくても気軽にお花に手を出せます。