Category Archive: 本

あまから手帖にCocoro(上本町)のパンが!

発売中のあまから手帖 8月号がパン特集。

表紙につられて本屋さんでぱらぱらめくっていたら…大好きなCocoroが載っているではないですか!思わずその場で購入してしまいました。
そして、家でゆっくり記事を読んでいたら、ついまたお食事ぱんが食べたくなって…久しぶりにお店に行くことにしました。

続きを読む »

本:余談 – スチャダラ2010副読本

高校時代からの友人・まっきーからもらった結婚祝いです。

封筒を渡されて、披露宴の時の写真でもアルバムに入れてくれたのかしらと思いきや、はるかに斜め上のモノが潜んでいました。
そんなまっきーが大好きです (*´∀`*)

スチャダラパーの20周年ライブ(大阪)に行ったそうで、そのお土産とのことです。うらやましい。

高校時代を思い出しました。今度じっくり読みます。

本:ku:nel[クウネル] 2010年7月号

はじめてクウネル買いました。京都特集。

旅行土産にするようなきらびやかなお菓子ではなくて、普段使いのあんこものや、コーヒーが美味しい街の喫茶店。骨董品屋さんや洋食屋さん。どこかノスタルジックな雰囲気がやわらかく呼びかけてきます。なんだかとってもすてき。

続きを読む »

本:体脂肪計タニタの社員食堂

少し前から書店で見かけては気になっていたので、買ってみました。

『体脂肪計タニタの社員食堂 – 500kcalのまんぷく定食』

「体脂肪計を売る企業の人がメタボじゃ説得力ないじゃないか!」という暗黙のプレッシャーも、社員さんが健康維持に成功している要因の一つではないかと思いますが、でもやはり会社を上げてまじめに食習慣の改善に取り組まれているのはさすがです。

ただ食事の量を減らす、カロリーを落とすというだけでなく、満足感が出るように食べ応えがあるように工夫したり、季節のものを取り入れたりして、かなりの工夫をされているようです。
「健康のための食事」でが主目的というよりは、「食事をより良いものにした結果、自然に健康がついてくる」という感じでしょうか。おおいに賛成です。

1ヵ月(31日)分のレシピが載っていますが、見ていると基本のコツが垣間見えてきます(本の冒頭でもまとめられています)。

  • どの料理にも野菜を取り入れ、ボリュームと噛みごたえをつけて満足感を得られるようにする(⇒主食のごはんを軽めに出来る)
  • 調理法をフライパン⇒グリル・トースター等に変更して余分な油分をカット
  • だし(旨み・こく)を効かせて塩分を減らし、むくみの解消・高血圧予防に
  • 肉類の選び方・調理法の工夫、大豆製品の積極的な利用

今まで自分で料理するときも、あらゆるおかずに野菜をなるべく取り混ぜることはしていましたが(無理なく美味しく野菜を食べてもらったり、お肉ばっかり食べすぎないように)、他の人(しかも栄養士の方)の視点や工夫を知ることが出来てよかったなと思います。

でも、見ているとやっぱり、併せての適度な運動も大事ですね。あたしも万歩計でも買おうかしらと…(´д`)

本:キッシュ

先日買ったケーク・サレの本の最後に、シリーズ本の紹介で載っていたのがこの「キッシュ」の本。三宮に行った時にジュンク堂で発見して、思わず買ってしまいました。

気に入った本のシリーズだからというのも勿論なのですが…実は先日、キッシュを作った時にパートブリゼ(土台になるパイ生地部分)で少し失敗したこともあって、この際手元にきちんとしたキッシュのレシピを置いておこうと思ったのです。

さて、この本では使っている型がだいたい15cmのケーキ型。今、これがすごく気になっています。タルト型で浅く作るものよりもだいぶ高さがあります。そして若干こじんまり。
DEAN & DELUCA などのデリコーナーにある、高さのあるキッシュへの憧れがあるので、このフォーマットは魅力です(DEAN & DELUCA などのは径も大きくて、全体的に大振りだけど)。15cmのケーキ型は家にはないしなあ、買っちゃおうかなあ(*´∀`*)ウフフ…と物欲が。
とりあえず18cmタルト型でもう少し練習してから攻めてみようかしら、と思います。型は買いすぎると場所を取られるし。

ケーク・サレの本と変わらず、具材の組み合わせがステキなものばかりなので、パートブリゼのリベンジがてら色々試したいと思っています。

余談:
少し不思議だったのが、本屋さんでの陳列…

  • キッシュの本 ⇒ フランス料理のコーナー
  • ケーク・サレの本 ⇒ お菓子のコーナー

同じようなものだし、シリーズ本だし。ケーク・サレはお菓子なのでしょうか…(三宮のジュンク堂だけかな…)。

本:ケーク・サレ

ケーク・サレ(CAKES SALES)は、そのまんま訳すると「塩味のケーキ」。
見た目や作り方はパウンドケーキに近いですが、お肉や野菜、チーズなど、様々な具材を入れたお惣菜のような感じの、フランスの家庭料理なんだそうです。感覚的にはキッシュなんかに近いのかも知れない。

まずは表紙を見ておいしそうなのに惹かれて、続いて中を見たら作り方が簡単そうなので、思わず買ってしまいました。
玉ねぎとベーコンにグリエールチーズ、セロリとコンビーフ、プロヴァンサル(トマト・ピーマン・玉ねぎなど)、バターコーンに焦がし味噌…などなど、おいしそうなレシピが目白押し。

早く試してみたいです。

本:楽しく野菜を知ることができる「野菜の便利帳」

便利なのが半分と、ただ見てて楽めるのが半分。
野菜の旬や栄養はもちろん、調理のコツから食べ合わせまで載ってます。

写真がきれいだから、図鑑みたい。
それぞれの野菜の、色んな品種を見てるだけでもたのしいです。
野菜好きの方にはおすすめです。