Category Archive: 京都

出町ふたばの豆餅をデルタでもぐもぐ

夕方に河原町今出川に行く用事があったので、久しぶりに並んでみました。出町ふたば。
17時すぎていたので、だいぶ人も少なくなっていて比較的待たずに買えました。

そのままコンビニでお茶を買って加茂川岸(というかいわゆるデルタ)まで行って、遅めのおやつでもぐもぐ。塩の効いたえんどう豆と甘さひかえめのこし餡のハーモニーは相変わらずたまらないです。

そういえば出町ふたば、出町のお店で買うのがもちろん確実ですが、JR京都伊勢丹と四条河原町の高島屋でも曜日限定で若干量入っていると思います。コースの都合上、出町柳までわざわざ行くのも難しそう…という場合には、タイミングが合えばこちらを活用するのも要領よく観光するのに良さそうです。

また、出町ふたばに限らず、これらのデパートには選りすぐりの京都のお店が入っているので、実はおみやげスポットとしてはとても上質なのです。京都駅 or 四条河原町ならまず一度は通ると思うので、チェックしてみて損はないと思います。

気の向くままに、京都 お花見散歩

フリーになってよかったと思える瞬間。

桜が咲いてきたようなので&天気も良いので、ふらりと阪急に乗って京都に写真を撮りに行ってきました。
午後〜夕方までの行動だったので祇園界隈をメインに。

枝垂の系統が花ざかりで、八坂や鴨川沿いで色々な種類を見ることができて楽しかったです。

チョコがたっぷり、京都荒神口 hohoemiのショコラ

荒神口のhohoemi(ほほえみ)。Twitterで教えてもらって初めて知りました&行きました。
河原町通りと加茂川の間、荒神橋すぐそばのパン屋さんです。

おすすえしてもらったのがこの「ショコラ」。
しっかり焼いた生地にチョコチップがこれでもかというくらいたっぷり。
少し温めていただくとチョコがほんのり柔らかくなって至福のひとときです。

このほかにおすすめしてもらったキャラメルラスクもなかなか。
キャラメル味でコーティングされたダイス状のパンがとってもクリスピーです。使っているパンにはどうやらショコラも混ざっているらしく、時々チョコチップ入りにであって幸せ気分…。

あたしがどのパンを買おうかうだうだ迷っている間にもどんどんお客さんが出入していて、なかなか賑わっていました。
壁が白くて窓が大きくて、かわいいパン屋さんですよー。

宇治といえばたま木亭のパン!

最近あまり動かしていなかった車のために、宇治までドライブがてら、たま木亭にパンを買いに行きました。
だんなさんが以前黄檗の京大官舎に住んでいて、時々買っていたパン屋さん。後々知ったのですが、けっこう人気のお店ですよね。

おやつがわりにクニャーネを食べました。円筒状のパリッパリのコロネに、その場でカスタードクリームを詰めてもらえます。
クリームは甘さ控えめ。そして何より外側の生地が本当にパリパリ。というかカリッカリ?

その他にも翌日の朝ごはん用に、いくつかパンを買って帰りました。

高速乗って行くから、もうそんなに頻繁には行けないんですが、久しぶりでおいしかったです。
おいしいパンってしあわせ。

京都元田中 マルホベーカリータカラダの魅力

東大路沿い、百万遍と叡電の交差点の間くらいのところにある天然酵母のパン屋さん、マルホベーカリー タカラダです。
お店の外観も、パンの見た目もとっても素朴。大学時代の思い出の味です。
先輩に教えてもらわなかったら、多分自分からお店に入ることはなかったんじゃないかな…。

ここのいちばんは、何はなくともクロワッサン。これまでのクロワッサン感を大いに覆されるクロワッサン。
クロワッサンといえば、細かーい層が幾重にもサクサクと重なって、バターの香りたっぷりで…というのが王道ですよね。
ところがここのは違います。これ…クロワッサンなの?ってなりそうなしっかりとした生地のクロワッサンなのです。

でも噛みしめると広がる粉とバターの味わいが、くせになって忘れられなくなります。
大学を卒業してからも、近隣を訪れるときはだいたい買いに行きます。

ちょっと焼いて食べるのが最高です。うふふ。
一見無骨で地味なんだけどこの個性。いいパン屋さんだと思います。

昼ごはん:京都出町柳 おむらはうすでオムライス

2009年12月5日のお昼ごはん。何年かのおむらはうすです。

いつからか、何故かお店のデザインがレトロ方面にシフトしましたよね。オムライス=昔ながらの日本の洋食のイメージを作りたいのかしら。

オムライス自体はそんなに変わっていなかったので安心しました。相変わらず、セロリ入りのポリシーも健在。

あたしはえびのオムライス。トマトソースにボイルした海老入り。
だんなさんは明太子オムライス。ごはんに明太子が混ざっていて、ソースはまろやかホワイトソース。

たまごはふっくら、しあわせー。
家だとこんなにたくさん卵を使うのが怖いので(謎)、ついつい薄い卵になってしまうのですが、たまの外食の時くらいはね。

昼ごはん:京都北山 花梓侘の目にもおいしいつまみ寿司

京都 北山にある花梓侘でお昼のコースをいただきました。今回で第2回。

3,000円台で季節に合わせたお料理と、目にも華やかで可愛らしいつまみ寿司(手まり寿司みたいなもの)を楽しめます。
うつわ屋さんが経営されているので、お皿のひとつひとつもお楽しみのポイント。

予約していけば混み合うこともないので、ゆっくりと静かに京都のお昼のひとときを楽しめる穴場です。

昼ごはん:京都 かつくらの湯葉コロッケ

用事があって京都に出掛けたので、なつかしのかつくらでランチを食べました。

季節限定のきのこと湯葉のコロッケをいただきました。
とろーっとしてさっくさく、きのこと湯葉の香り豊かで、とてもおいしかったです。

味噌汁・キャベツ・ごはんおかわり自由のかつくらは、学生当時の感覚からすれば少し高級だったのですが、おいしくお腹いっぱい食べられるので時々仲間たちと行っていたのでした。
小さなすり鉢で出てくる胡麻(ソース用)をプチプチすりながらかつが出てくるのをうきうき待つ感じ、いいですよね。
壺にどっさり入っているお漬物も好き。ついついごはんが進んじゃう…。