サングリア。作ってみたから作り方メモしとくよ!

数年前のことですが、高円寺でふらっと入ったバー『IZARRA(イザラ)』というところで飲んで、とっても美味しくて好きになりました。たくさんのフルーツが盛り付けられたワイングラスに注がれたサングリア、柔らかくて、いろんなフルーツの味が溶け込んで、全体が丸い感じで…本当においしかったんです。それ以来、他のお店でもときどき飲んでみています。

今まではお店でしか飲んだことがなかったのですが、検索してみたらけっこう簡単に出来そうだったので、挑戦してみることにしました。作り方はこのあたりのサイトを参考にしました。
» フルーツたっぷり真夏のサングリアの作り方(All About)
» サングリアの作り方


今回の材料

  • 赤ワイン…フルボトル1本
  • オレンジ…1個
  • グレープフルーツ…1個
  • レモン…1個
  • バナナ…1本
  • 砂糖…大さじ1強
  • シナモンスティック…1本

作り方
基本的にはAll Aboutの作り方を参照して。シナモンを使ったり24時間後に濾したりは2つめのリンクのサイトを参考にしました。

  1. オレンジ・グレープフルーツは塩をすりこんでよく洗い(ワックスや防カビ剤を取るためらしい)、水気を拭き取る
  2. オレンジ・グレープフルーツを一口大に切る
  3. レモンは1/2個を絞っておく
  4. 瓶に赤ワインを注ぎ、砂糖・3のレモン汁を加えて混ぜる
  5. オレンジ・グレープフルーツを入れる。バナナもこの時一口大に切りながら加える(先に切っとくと黒ずんじゃうからその場で…)
  6. シナモンスティックを加え、冷蔵庫で24時間寝かす
  7. 24時間経ったら、果物を濾して取り除いて冷蔵庫で貯蔵

中途半端に経過の写真はこちら。

漬け始め。

5時間後。

24時間後。
この後濾して液体だけにして瓶に戻しました。

いちごを入れていただきますの図。
飲むときに改めてフルーツを入れるとかわいいしおいしい。

ワインは安いものを使っています。お酒ディスカウントショップで¥398のもの(びっくりするほど安かった)。ただし、2つめのサイトにもありましたが、ライトなものよりはしっかりしたものが良い感じです。


今回の気づき

  • 24時間たった時点でもおいしいですが、もうちょっと寝かせた方が味が丸くまとまってくる気がします。
  • グレープフルーツを入れるとちょっと苦味が出るんじゃないかな…と(真夏の…とあったので、夏にガツンと冷やしていくのにはいいのかな)。自分の好みだと、次回はオレンジだけで多めに入れてもいいかも知れない。
  • やっぱりサングリアにシナモンは必須だと思う。その他のスパイスもいくつか追加して試してみたいと思いました。粒の黒胡椒、クローブ、ナツメグなどなど…
  • 瓶のサイズは1.5〜1.8Lあたりので正解(うちのはIKEAで購入した1.8Lのパッキンつき保存瓶)。濾したあとにすごく少なくなったように見えるけど…たっぷりフルーツを入れるのにはこれぐらいがジャストかと。
  • 24時間時点で取り出したフルーツは…そんなにおいしくないです。All Aboutにあるのだと一緒に食べるとありますが、特にバナナとかいまいちでした。オレンジ、グレープフルーツはまあいけるけど、無理して食べるものでもないかなと(でもたかだか1日の浸漬なので中の方は割とそのままの状態なので若干もったいない)。ホームパーティなどで使うなら、改めて新しい果物をグラスに入れてお出しした方が華やかで良さそう。(IZARRAでもたぶんフレッシュなフルーツを入れてくれていました。)
  • 柑橘系の果物は、兵庫県ならコープで買うのがいいです。防カビ剤不使用のものをちょうどよい価格で扱っているので安心感があります。

そんな感じ。
あまりお金もかからないし、梅酒と違って時間もかからないので、また何回か挑戦して自分好みになるように研究(笑)してみたいと思います。

ところでもうずいぶんと高円寺に近寄っていないのですが、IZARRAってまだあるのかな…