プルコギを食べて、お腹いっぱい…と言っていた口たちが、舌の根も乾かぬうちに夜のデザートに手を染めます。

六本木から渋谷方面に246を歩いて腹ごなしと大義名分をつけつつ、たどり着いたルエル・ドゥ・ドゥリエールでお茶&ケーキです。
深夜2時までやってるって、なんて罪なお店なんでしょう。

あたしはフロマージュのケーキ(名前忘れた)を、ローズヒップのお茶でいただきました。
ここのお店はミルフィーユが有名らしいんだけど、毎回迷った挙句にチーズ系に走ってしまいます…

遅い時間にしっかりしたお茶やおやつができるのは、やはり、さすが東京なんですよね…。思い知らされました。