茶寮宝泉

下鴨界隈をふらふら歩いて、時間もあったのでちょっと小休止に、大好きな茶寮宝泉へ。


この日はあまり混み合っておらず、おやつどきだったのですが待たずに中に入れました。
温かいほうじ茶と、丹波黒豆のおしぼり豆 黒大寿でほっこり。お庭を眺めながらのんびりと時を過ごします。

茶寮宝泉 わらびもち

あたしが頼んだのはわらび餅。
相変わらずのよいもっちりとほんのりの甘みを、だいじにひとくちずつ味わいます。

茶寮宝泉 上生菓子とお抹茶のセット

だんなさんは上生菓子をお抹茶とセットで。
こちらは「春の野」というなまえのお菓子。若草の中に菜の花のような黄色が混じった、名前の通りの春らしい色合いがかわいいです。
中には粒あんが入っていました。やっぱり宝泉はお豆のしっかりした粒あんが大好き。

この日もまだだいぶ寒かったので、温かいほうじ茶がしみわたります。
かなりゆっくり過ごしながら何度もお茶のおかわりを入れていただいて、本当にゆったりとした時間を過ごすことができました。

茶寮宝泉 春の干菓子「桜」

帰りがけにおみやげに買ってきたのは、春限定の干菓子「桜」です。
色の濃いのが和三盆、うすいのが落雁。濃淡がついて花やか。少量で外側のパッケージもかわいらしいので、ちょっとした春の京都観光のお土産にもよさそうです。

ちょうど1年前くらいに結婚式を挙げた時に、引き菓子としてこちらの春の干菓子を使って好評だったのもあって、何となく懐かしくなってつい買ってしまいました。引き菓子にしたものには入っていなかった和三盆も入っていたので、すこし気分も新しく。

これはまた家でだんなさんと、ゆっくりお茶と一緒に楽しみたいと思います。