2011年3月11日のお弁当

厚揚げを入れてすき焼き風の煮物を。それに菜の花の塩味おひたしと、作り置きコロッケ。
麦ごはんにはいつもどおり大きな梅干しを真ん中に。


仙台出張から帰ってきたと思ったら、次は指宿。今日の晩も明日の晩も友だちとお外で飲むと決まっているし、このままだとなかなか家のごはんを食べてもらう機会がないなぁ…ということで、急きょ家にあるものでこしらえたお弁当です。

お弁当を作るのは不定期で、材料が揃っているときや家でごはんをなかなか食べられないときに作る程度ですが。よろこんで持っていってくれるのでこちらもうれしいです。


※このお弁当を作っている頃には、その日の午後にこんな大きな自然災害が発生するとは思ってもいませんでした。

昼下がり、大きくゆっくりながく揺れ続ける、船酔いになりそうな不思議な地震に驚きました。それはまるで愛知にいた頃に感じた阪神大震災のような揺れで、じきに遠方ということに気づき震源を探りました。

まず始めに懸念していた東海ではなく、それが尼崎から遥か遠く離れた東北と知り、実家が無事だったという安堵以上に、遥か遥か遠くからここまで余波が届いたことに大きな戦慄を覚えました。

不安は的中して、やはり国中に大きな混乱をもたらした今回の災害。
亡くなられた方々やご家族にはお悔やみを申し上げるとともに、被災されたり大きな影響の中、安心して日常生活にもどりきれない全ての方々にお見舞い申し上げます。

1日も早い復興をお祈りしています。