ジャムのために作った桃入りサングリア、念願のジャムが完成しました。


といっても作り方自体はいつもと何ら変わりないのですが…。

煮詰める行程を写真に撮ってみました。

火にかけたところ。
砂糖を加えて1時間くらいおいた後なので、かなり水分が出ています。
お鍋はKEYUCAのPasseria HAシリーズ、表面がテフロン加工されたものを使っています。スプーンやお玉はちょうどいいものがなかったので、木のさじを使っています。

中火でぐつぐつ。
泡立ってきます。消えない泡はアクなので、これはていねいにすくって取り除きます。ぐつぐつ。ぐつぐつ。

アクを取りきった&ちょっと煮詰めが進んだところ。
こんな感じで泡(アク)は取り除けます。そして煮詰めが進んできて、果物に少しずつ透明感が。こげないようにときどき底からかき混ぜたします。

出来上がり直前。
全体がなんだかとろりとしてきました。ああ、とってもいい香りでおいしそう。

出来たものは、熱々のうちに煮沸消毒しておいた保存瓶に詰めます。

ふたを乗せて(締めないで)、瓶の肩ぐらいまで水を張って、脱気のために煮沸します(煮沸消毒した時の鍋とお湯を使い回しています)。沸騰して15分くらい。

終わったらすぐにふたをきつく締めて、今度はお鍋にもふたをしてさらに15分〜20分煮沸(滅菌のためです)。

※ふたまでかぶるくらいのお湯をはって最後の滅菌の煮沸をやる方法がたぶん正解?なのですが、うちは毎日ヨーグルトに入れてわりと早いペースで食べきってしまうので、簡単にやっています。

終わったら逆さにして冷まします(これで、ふた側の滅菌トドメができるそうです)。
さめて、ふたの真ん中が凹んだ状態になっていたら脱気成功だそうです。

出来上がり。
ふたの真ん中は…ちょっと凹んだ気がせんでもない(笑)。
100均で買った保存瓶で、簡単にペコッと凹み変形できる形状でなかったのもあるし…冷蔵庫に入れてわりと早く食べちゃうし…と言い訳…。

なんにせよ、これでしばらくまた楽しめます。よしよし。