発売中のあまから手帖 8月号がパン特集。

表紙につられて本屋さんでぱらぱらめくっていたら…大好きなCocoroが載っているではないですか!思わずその場で購入してしまいました。
そして、家でゆっくり記事を読んでいたら、ついまたお食事ぱんが食べたくなって…久しぶりにお店に行くことにしました。


買ってきたもの。

まずは自分のお昼ごはん用に、サンドイッチ2種類。
手前はソーセージとゆでたまごのサンド。奥はTOHNOファームのベビーリーフを使ったロールサンド。
Cocoroのサンドイッチのいいところは、しっかりと具をおいしく食べられるところだと思います。「パンだけじゃなくて、ちゃんとおかずもしっかり一緒に食べなさい」と言ってくれているような、きちんと「ごはん」になる味わい。もちろんベースのパンがおいしいのは言うまでもないです。

あたしは特にロールサンドが好きです。ベビーリーフの葉っぱの味や香りとくるみの歯ごたえ、こく。薄いパンにじんわりしみたドレッシングの味。どれをとっても (*´∀`*)ウフフ♪ です。

これは、キャロブとよもぎのカット食パン。特にキャロブのパンの素朴な香りと甘みが好きです。大きいのを買うと色々買えないのでカットでひとつずつ。

そして、絶対外せないお食事ぱん。
プレーンと、トマト&じゃがいもです。プレーンはオリーブオイルの香りが活きている感じ。トマト…はトマトも旨み甘みが詰まっています。やわらかもっちりの食感で、サンドイッチにして具をめいっぱい挟んで豪快に食べてもいいし、いろんなおかずやスープと合わせて食べるのにも向いています。

うちの晩ごはんに登場させるパンは、まずこのお食事ぱんなのです。

続いておやつ系。左がマンゴーのパンです。
レーズンパンのレーズンの代わりに、ダイスのマンゴーがたくさん入っている感じかな。甘酸っぱさが存分に楽しめるマンゴー率でしあわせ。

右がもちもちの白いパンにあんを練り込んだもの。
もちもちの白パンの生地のものをいつもだいたい1種類は買うのですが、これは初めて。明日にでも食べるのを楽しみに取っておきます(*´∀`*)

そして、さらにもう1種類買いました…既にどこかに写っているのですが…
さて、気づいていただけましたでしょうか?

はみ出てるはみ出てる(笑)

本の上に直接パンを乗せてしまって、ごめんなさい。>Cocoroさん、あまから手帖さん。

細長いこのパン、あまから手帖の表紙にも写っていた、「麦の穂」です。
その名の通り麦の穂をかたどった細長ーいパン。でもプレーンじゃなくて、ベーコンやソースが包まれているんですって。

麦の穂、今までにお店で見たことがなかったもので(新作?)、珍しいと思って買いました。帰りの電車の中で改めて本を出して眺めていたら、表紙に写っていることにはたと気づいたのです。
(表紙の、サンドイッチや三日月の形のパンなどがCocoro製とは聞いていたのですが、麦の穂もだったとは…!)

思わず家に帰って乗せて、記念撮影してしまいました。

さてさて、こんな感じで、Cocoroのパンは天然酵母にこだわったパン屋さんです。
朝晩問わずふだんのお食事に合わせやすい素朴な素材・味わいのパンや、多様な具材のマッチングを楽しめる小ぶりでかわいいパンがたーくさんあります。
近所にないのがとにかく残念でならないのですが、電車に乗ってもまた買いに行きたくなってしまうのです。今回も色々買ったので存分に楽しみますよー。