はじめてクウネル買いました。京都特集。

旅行土産にするようなきらびやかなお菓子ではなくて、普段使いのあんこものや、コーヒーが美味しい街の喫茶店。骨董品屋さんや洋食屋さん。どこかノスタルジックな雰囲気がやわらかく呼びかけてきます。なんだかとってもすてき。

大学時代の4年間を京都で過ごしたあたしは、当時あまり「ていねいに暮らす」ことを知らなくて、せっかくの有り余る時間を持て余し浪費して、せっかくの古都での4年間をずいぶんと無駄に暮らしたなぁ…と、大人になるにつれしみじみ悔やんでいたのです(もちろん、その無駄な暮らしの中でたくさん得た大切なものもあったのですが)。

東京での9年あまりを経て関西に戻ってきて、京都は電車で1時間圏内。つかず離れずの距離で、時々楽しみに行けるになって本当にうれしいのです。
ただし正直なところ、観光めいたことにはいまだに興味はあまりわかず、ひとつのすてきな街として、お買い物やお茶やお食事や、文化を楽しみたいなという気持ちの方が強いです。

とはいえ、やはり暮らしているのとは違って時々しかいけないものですから、手当たり次第挑戦するのもなかなか…。ではでは今回のクウネルを読みながら、少し入門しようかな…と思ったのでした。

ちなみに、京都はあんまり関係ないですが、てぬぐい3枚を縫い合わせて風呂敷にする記事にものすごく惹かれました。めくってみたらその他にもリメイクものがたくさん…かわいい…やりたい…。