披露宴のウェルカムボードを作るとして…真っ先に考えたこと。

「終わった後に飾りたくないし捨てるに捨てられなくて邪魔になりそう…」

あぁ、なんて所帯染みた花嫁でしょうか。
夢の欠片もない懸念ですが、ただし、それだけでは何の広がりもないので、これを起点に夢のようなものが生み出せないかと、試しに考えて考えて考えてみた結果、この形で落ち着きました。

手作りのアイシングクッキー製 食べられるウェルカムボード(幅60cm × 高さ40cm)です。
1枚で大きく焼いたクッキーの上に、アイシングで作った桜や文字をくっつけました。もちろん、すべて食べられます。

披露宴では、お客さまのお迎え業務を無事に完了したのちデザートタイムに再登場させ、「ウェルカムボード開き」と称して、両家の親と一緒に木槌で惜しげもなく破壊し、皆さんにお配りしてその場で一緒にいただきました。

開くシーン。顔は出せないですが、おとうさんおかあさん、超楽しそうでした。

砕いたあとはこんな風にかごに詰めてお客さまのところに配りに回ったりして。

実現の軌跡
自分ひとりでは絶対できなかったこの奇跡のボード。制作にあたっては、お友だちが働いているパン屋さん(大阪 上本町・Cocoro)の絶大なるご協力があって実現しました。

衝撃の巨大サイズ
実はクッキー製ウェルカムボード、当初は自分の家で焼けるサイズのものを組み合わせてうまいことやるつもりでした。
日持させるコツなどなど、ちょっとしたことを相談させてもらおうとパン屋さんに相談に行ったのですが、お話を聞いてくださった店長さんのすてきな計らいで、なんと窯を貸していただけることに!(比較的忙しくない曜日の、パンづくりが落ち着いた夕方に使わせていただきました)

それだけでなく、焼き時間や実現可能なサイズなども事前に色々研究していただいたりして、最終的に出来上がったクッキーのサイズ、なんと60cm×40cm!紙のサイズで言えばA2という今までに見たことないくらい巨大なクッキーです(そのパン屋さんが持ってる鉄板フルサイズなのです)。

さらには、焼きあがってきたクッキーを壊れないように鉄板ごとお借りして自宅に運ぶところまで手伝ってもらいました。本当に本当にありがとうございます。

さて、続いてここからはひとり地道な作業。貼付け用のアイシングの飾りを地道に作り続けること2日…。

地道にアイシング飾り作業

ひたすらに桜の形や文字を絞り続け、乾燥したら割らないようにクッキーに接着して…
(この方法は『お絵かきクッキー―絵が苦手でも大丈夫。簡単にアイシングができます。』という本を参考にしてやりました)

完成!の瞬間

出来上がり!!!
これをOPPフィルムでぴっちりと包んで挙式2日前に完成。シリカゲル(これもパン屋さんが持たせてくれたのです…涙)も裏に入れて防湿対策も完璧。だんなさんの車で京都まで搬入しました。

冒頭の写真でわかると思いますが、恐らくイーゼルに立てかけた前後に1箇所ヒビが入ってしまったようなのですが、それ以外は全く問題もなく。
(アイシングの貼付けをしている時に、一度うっかりあたしが体重をかけてしまったので、それが響いているのかな…と思います。)

きちんとおいしいんです
お味ですが、思っていた以上に「美味しかった」と口々に好評をいただけたのです。
やはり食べる前は、見た目先行・インパクト重視のものでそんなにおいしくはないんだろう…と思われていたみたいで、食べてみてびっくり!!!だったみたいです。

してやったりです(笑)。食べておいしくなければ意味が無いですから。そのために相談して、おいしく食べられる日数も逆算して頑張ったかいがあったというものです(ドヤ顔)。

生地は厚くて大きくて、でも焼きムラなくサックリ。バターの香りがふんわりして優しい甘さのクッキーです。もちろん湿気ってもいないし。
アイシングも念を入れて、今回はWILTONのアイシングパウダーを使ったし(生の卵白だと何かあってはいかんな、と)。それにアイシングの色は天然色素を使っていますから、その点もきっちり気を使っています。

実は今回の結婚式準備の中でいちばんこれが山場だったのですが、その分楽しい経験ができた(普通の生活をしていてパン屋の窯を借りるなんて出来ないですから…)のと、喜んでもらえたので本当に本当の良かったと思っています。

改めて、Special Thanks to Cocoro のみなさま
どれほどお礼を言っても言い足りないくらいですが、本当に本当にいいものが出来ました。
クッキーは後日「残っているなら、袋とかあれば持って帰りたかった!」と何箇所からも言われています。ほんとうにありがとうございました。

Cocoroは、天然酵母を使ったおいしいパン屋さんです。パンはもちろんおいしいし、食に対して本当に熱心に取り組まれていて、そういうところが大好きです。上本町・谷町九丁目界隈に行く機会のある方はぜひ買いに行って欲しい。Cocoroのパン、超おすすめです。

※今回は窯をお借りしてクッキーを焼いたものなので、通常はお店ではクッキーは販売していません。


【2013年1月16日 追記】
クッキーの材料についてコメントでお尋ねくださった村井様へ:
配分は 『お絵かきクッキー―絵が苦手でも大丈夫。簡単にアイシングができます。』 と同じもので、焼成するサイズに合わせて分量を増やしたのみです。
完全に同じ配分のため、お伝えする(=転載する)のは控えます。こちらの書籍をご参考になさってください。

※コメントの無効化設定を誤っていたためスマートフォンから受け付ける設定になってしまっていました。現在コメント欄は閉めて運用しているため、こちらの回答で代えさせていただきます。申し訳ありませんがご了承ください。