東京に行って、たまたま時間が空いたのでひとり果敢に信濃町のメーヤウを攻めてきました。

大辛いっときました。

メーヤウのカレーは3種類。大辛(骨付きチキン・じゃがいも)、辛口(鶏肉・大根)、甘口(豚肉・たけのこ・大根)で、いずれもゆで卵が入っています。違いは辛さと具だけではなくて、ベースにしているカレーから違うので、いずれも食べ比べてみる価値はあり。あたしはなんだかんだいって大辛がいちばん好きです。

カフェで出てくるような華やかさはないですが、ここはもうこのスタイルが良いのです。テーブルに置いてある何種類かの調味料でお好みの味に調えながら、(辛さのせいで出てくる)鼻を拭きながら、ごはんにカレーをかけかけ、夢中で食べてしまいます。

おなかに余裕があるなら牛すじ煮込みそば(小)をつけるのがおすすめです(そばしょうと呼ぶ)。少しにんにくの効いた優しいスープにお米の麺(フォー?)。カレーとは対照的に癒し系です。
(ちなみにあたしはひとりで両方いくと、むちゃくちゃ苦しくなります。2人で行ってそれぞれがカレー+ふたりでひとつそば小くらいで、しっかり満足出来る量かと…)

9年近い東京ぐらしの間で、いちばん好きだったカレー屋さんです。
他にあんまりないから、よけいに恋しくなります。また東京行ったら食べに行こう。